満足行く住宅を

田舎の道

注文住宅を建築する場合良くも悪くもすべての選択や決断を施主である建築主が行わなければなりません。しかもそのほとんどの選択が失敗することができないのです。注文住宅により住宅を建築する人は少なからず住宅にこだわりを持った人のはずです。しかし人生における住宅の優先順位や住宅の重要度は人によって異なります。ですから住宅を建築する際に相場を参考に計画を立てるのも大切ですが、自分たちが住宅に支払える限界をしっかり算出することでその後の人生が快適なものになるのです。 特に注文住宅の場合明確に予算を設定しなければ大幅に予算をオーバーしてしまいます。計画段階ではどんどん欲が出てハイグレードなものに魅力を感じてしまうからです。 中には金融機関が貸してくれる限界までローンを組んで支払いに四苦八苦する人もいるのです。

注文住宅はこだわりの強さによって建築会社を選択することができます。というのも注文住宅を建築できる建築会社の中でも設計事務所での建築はより自由度の高い設計が可能です。一方でハウスメーカーや工務店での設計は品質を一定に保つ必要がありそのために会社独自のルールを作っている会社が多いのです。とはいえある程度の自由度はあるのでメーカー系で提供されている住宅も注文住宅というくくりになるのです。自由度がないというと注文住宅の意味がないと感じる人もいるかもしれませんがある程度失敗のないガイドラインがあるうえで自分たちの要望も適度に反映した住宅が建築したいと考えている人に向いているのです。 このように会社によって自由度が大きく異なるので自分たちの住宅建築に合った建築会社を見つけることが満足のいく家づくりをする第一歩なのです。